スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盆栽クイズ 1




盆栽クイズです。

上の画像を見て判断してください。何という樹でしょう?

ヒント1は

IMG_20151120_114526.jpg

全体的には、このような姿をしていて、幹は柔らかく、新芽が出揃った時期は葉色がきれいです。

色々な品種を揃えて、この葉色の変化を楽しむのもいいかと思います。



ヒントの2は

IMG_20151120_114540.jpg

この葉先の雰囲気と細かな花のなごりの様子で、ほぼお分かりになられたかと思います。


ヒントの3

春の後半から初夏にかけて、長期間にわたって咲き続け

しかもこの樹の最大の特徴は沢山集合した細かな花が遠目から霞のように見えることです。

答えはスモークツリーです。





スポンサーサイト

窓辺に

スーパーミニの極小葉バラです。

IMG_20151106_090958.jpg


IMG_20151106_090848.jpg


IMG_20151106_090928.jpg


石付けにしています。

スーパーミニの

実生したグミです。

小鉢に埋め込んだものを、ポットで包んでます。

IMG_20151024_070324.jpg


多肉植物の超ミニ盆栽

子どもだけでなく孫まで

どんどんと増えていく


子孫繁栄という国家的   一大プロジェクト


姿は超ちっちゃくってもその志や大きい!!


IMG_20150928_102759.jpg








ミニバラを自作

ミニバラは思っていたより、簡単に新品種が作出できそうです。

ただ、病害虫に強くて、万人から好まれるタイプの花模様かと言われれば分かりませんけど・・・。

先に、ミニバラの二重鉢育成管理について書きましたけど

その他にも幾つか十数鉢ほどが育ってきています。

例えば

IMG_20150615_113452.jpg

左上に開花した名残が見えるでしょ?

バラの実生は1、2年目で開花するものが多くありますから楽しみなんです。

それと針金では真似のできない自然の屈曲も嬉しいですね。アップで見れば

IMG_20150615_113515.jpg

もう一鉢、見ていただきますと

IMG_20150615_113246.jpg

どうやら、八重咲きの白バラみたい。親は赤なのだけど・・。

二重鉢仕立てのアップは

IMG_20150615_113259.jpg

余談ですが、ミニバラの二重鉢管理をしていて分かったことがあるのです。

それは小鉢だけでは乾きがはやく、水管理が厳しいからとの発想からなのですけど

小鉢の中の根が黒ポット側に張り出さないのです。

不思議に思っています。

600公開





プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。