スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経験がモノを言わない



成功者の声を聞くテレビ番組で、カンブリア宮殿を観ると実に凄い。

革命的な発想で電気掃除機のシェアーを独占しつつあるダイソンは

発明したのがダイソン氏なんだって。

試作品に着手して、実に5千を超えての実用化!

そのダイソン氏に、司会の勉ちゃんが「これから成功を目指す若い者のために、何かアドバイスをお願いします。」と向けると

「アドバイスは必要ないんだ。むしろこれまでの知識や経験は(新しい開発にとって)邪魔者でしかない。」のだとか・・

植物成長ホルモンとして重要な役割を担っているジベレリンは、種無しブドウを育てる。

浅学の知識では花芽の早い時期に1回目、そして開花後に2回目を使うらしい。

そこで、我が家のブドウ棚に若い花房がぶら下がってきたので、使ってみることにした。

説明書きを読んで分かったのだけど、1回目の目的は無種子化。そして2回目の目的で粒の肥大化なんだってサ。

使用濃度は1回目が100ppm、2回目も75~100ppm

そしてもっとも重要な使用時期はというと、1回目が満開予定日の2週間前で、2回目が満開の10日後なんだそうナ。

ま、モノは試しにとばかりに、忠実に花房をジベレリン希釈液に浸漬してやりました。

・・

と、ところがですよ。

その説明の後段にもブドウの項目がず~・・・・と続いていて、

あと18種類のブドウについての使用方法が書かれてあるンデスゾなモシ。

ブドウの品種によっては、希釈濃度がまったく異なるので、今回のジベレリン使用は無効なのかも知れません。

今日の結論は

「やってみたモン勝ち」

スポンサーサイト
プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。