スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ盆栽鉢づくりの自習室 その16

今回は白土の粘土、楽焼用なんですが、焼き締め風の風格を持つように変身させることができるのかどうか、ってことで混ぜ物をしてみたわけです。白土の粘土って、焼き締めには似合わないでしょ?それにどっさりこんと買ってしまったから永久凍土なんです。なんのこっちゃ。
白土といっても白色をしている粘土ではなくて、皆さん、すでにご承知のように黒っぽい灰色なんですね、焼くと白っぽくなるから白土・・ ← 真偽のほど、知りません。
この白(になる粘土)の中に弁ガラを3割ほど入れて、駄温鉢を粉末にしてフルイを通したものも入れる。赤色絵の具も入れてみました。ついでだったので。
するとどうなるでしょ?
1.赤色系 2.ダイダイ色系 3.黒色系 4.ねずみ色系 5.何れでもない系
番号でお答えください。
正解の方には、焼きたてほやほやの現物ミニ鉢をプレゼントいたします。

それでは、作業の手順をご説明いたします。
一週間ほど前に作って、部屋で静かに乾燥させていたミニ鉢をいよいよ素焼きするということで、天日で干しあげたのが昨日の作業です。素焼き開始はいつものように超スローなペースにて温度を上昇させていきました。七輪焼きでは、完全燃焼のころでは無煙なのですが、この燃焼が始まる段階では白い煙りがもくもくと出ますから、街の中でやるのはチト、無理なのではと思われます。火事だとか勘違いされたりするかもしれませんね。もっとも近所に回覧を回して「さんまを焼く予定ですので・・」とかなんとか勘違いを回避するっていう手もないことはナイとも考えられますが・・。
話を具体的で分りやすくするために画像を入れてみます。(クリックで全体画像になります。)

画像 003

右の発砲スチロールで自然乾燥中の鉢たちは今回は見送りです。
白土粘土のもので、混ぜ物をしていない状態はこういう色を呈しております。

左側の菓子折りの中にある小鉢が今日の実験といいますか、儀式の生け贄といいますか・・
左上の7個は赤色粘土で本焼き用です。混ぜ物はしてません。陶芸教室で使っている土ですが、楽焼き用の粘土と比較するために、あえて今回、これも焼いてみます。残りの見るからに赤い小鉢、全部で14個ありますが、これが超、適当な混ぜ物、弁ガラと赤絵の具とその他諸々のごちゃ混ぜ煮込みうどんで、実験台とあいなります。
赤色粘土の7鉢と混ぜ物粘土の14鉢のそれぞれの色変化も合わせてお楽しみください。

混ぜ物で本格的な実験をされたい方にはお薦めのページ
ある粘土研究者の日誌

超スローなペースで温度上昇を続け、二つの破裂危機を無事に通過してから本焼きに移ります。
マングローブ炭を足して、21個の小鉢をうまく炎が回りこむようにと慎重に並べて、その上にマングローブ炭を載せられるだけ被せて、燃焼補助釜で蓋をします。
そしていよいよ本格的な燃焼段階へと突入です。
延長コードをつないだ古ドライヤー、温風の「強」でゴーゴーと送風を続けてやりましょう。
駄温鉢の底穴から黄赤色の炎が飛び出すような火力が必要です。底穴から七輪の中をのぞきこむと、真っ赤に焼けている小鉢の様子なんかも見ることができるので、こういう火の儀式に参加することができるみみずって、ことのほか幸せ感を感じます。感謝。
でも、やけどにはご注意くださいマセ。

画像 001

はあ~い、本日の儀式はこれにて終了。
連続の波動砲発射で、七輪も崩壊寸前、すのこもご覧の通り壊れてしまいました。

さて、今回の生け贄、いや失礼、今回の焼き物自習室はいかがでしたか?
みみずとしては、とても有意義な試行ができたと嬉しく思っています。白色粘土では出せなかった重厚感とか複雑な色合いを呈す奥の深い感じがしましたし、一つ一つの小鉢に個性があって、何度も何度も手に載せながらながめています。とてもかわゆいです。中にはまるで富士山の溶岩流ではないかと思えるような肌合いの焼け具合もありました。色当てクイズも結果的には 6.何れでもある系が正解という思わぬ結果となってしまいましたが、応募者のみなさま、これにこりずにお付き合いのほどよろしくお願いいたします。(笑)
ということで、今回の試し焼き、これは思った以上のダイ、大、大 大収穫となりました。大満足っす!
でも、みみずの不満足もありまして、それは仕上がりは満足なのですが、理論的にはなにが何やらさっぱりわからないことです。
赤色の絵の具って、どう影響してるの?
弁ガラって、どのくらいの量が適当なの?

最後に今回の実験の結論を書いておかないといけません。
「白土は混ぜ物で変身する。」

画像 002


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもしろいですね

みみずさん こんばんは

もう実験結果が出てるじゃないですか
まったくすばやいですね

私は真っ黒と予想してましたが
やはりやってみないとわかりませんね
おもしろい結果です

思ったより還元がかからないのですね
でも焼き方でまた変わるのでしょう
ほんとギャンブルですね

やってみてわかる

みさきさん
何でも実際にやってみないと結果はわからないってこと、たくさんあるんだと思います。今回もさっぱり何が何やら。
特に焼き物というのは、そういうの多いのじゃないのですか?
みみずは遊びで、自由にやれますけど、こういう分野で作品を狙って作られる本職陶芸家さんは、ものすごい重圧なんだろうと思います。だって、「やってみてわかる」かと思うとそうでもないことも多くて、やってみてもわからないってことも沢山あるんだと思うからです。そこらへんを数多くこなして、自分だけの経験則にされるのかな、なんて感心いたします。

白土の実験結果

みみずさんこんにちは!こちらではお初です。

白土の実験記事をこはるさんに紹介してもらって
飛んで参りました。とっても参考になりましたです。
そして何ともいえぬいい発色になってるではあ~りませんか!

いや~混ぜ物でこんなに変わるとは、白土、恐ろしい子!(白目)

「白土は混ぜ物で変身する。」

今年は間に合いませんでしたが、来年書き初めにして床の間に
飾っておきますね☆

変身する白土の記事の返信

こはるさんのお友だちの猫当番さんでしたか。

>>「白土は混ぜ物で変身する。」

>今年は間に合いませんでしたが、来年書き初めにして床の間に
飾っておきますね☆

苦し紛れに単なる思いつきで、なんか無茶苦茶をしとります。
書き初めをなさるのなら炭はもったいないので、その炭を白土に混ぜてみてください、きっといいものができるはずでしょう。(笑)





プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。