スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ盆栽鉢づくりの自習室 その17

これまで作った中から幾つかを並べてみます。
赤粘土に絵の具で色つけ、透明釉がけ
画像 012

楽焼用白粘土に楽焼用釉薬がけ(七輪焼き)
画像 010

赤粘土に瑠璃釉薬がけ
画像 006

マロンと桜花窯変釉薬がけ
画像 007

赤粘土にひわ釉薬がけ
画像 009

赤粘土に焼き締め風釉薬がけ
画像 011

白粘土に青白磁がけ、赤粘土に青白磁がけ
画像 013

小品鉢の草分け、林陶雀
画像 005

松本松石
画像 004

大真
画像 014





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

とってもきれいな色してますね!
「マロンと桜花窯変釉薬がけ」、「赤粘土に焼き締め風釉薬がけ」が姫柿を植えたら映えるかなぁなんて勝手に想像してしまいました。(笑)
「赤粘土にひわ釉薬がけ」は品があっていいなぁ。何よりおいしそうだし。(笑)
でもやっぱり驚くのはその小ささです。
ライターがやたらでかく見えます。

岩千鳥など

鉢映りの問題ですか、どういう映りがいいですかね。
超小さな鉢だと、案外、赤系統の色鉢に赤色の植え込みもマッチするみたいなところがありますよね。その小ささが故に何物をもやさしく包括してくれる、気むずかしいことなどお構いなしの優しい包容力と許容力。大きな鉢だと「御法度だ」とばかりになかなかそういう風にはいきませんってところ、実際にありますからね。鮮やかな鮮明色の混合のミニ鉢でも、イワチドリなんかを植え込むとお互いが個性を引き出し合うかな?など早くも構想を練っております。

No title

みみずさん、こんばんは~。

天下一品!には何植えますか?

「マロンと桜花窯変釉薬」とっても良い色が出ましたね!
この色・・・楕円鉢にも似合いそうです♪

絵の具で色付けて透明釉ですが、この絵の具はチューブ入りですか?
色がそのまま発色している感じのようでとっても面白そうです。

「赤粘土に焼き締め風釉薬」の左の鉢の足がとっても素敵
鉢が踊り出しそうな楽しさです♪

下の作家さんの鉢は・・・参考作品ですか・・・。

楽しい鉢つくり

こはるさん
>天下一品!には何植えますか?

この鉢は超豆桜を植えたいんですよ。子福桜という寒桜の一種ですけど、そういうの植えたくて沢山の種類を育成中なんです。(嬉)

>「マロンと桜花窯変釉薬」とっても良い色が出ましたね!
この色・・・楕円鉢にも似合いそうです♪

この系統は土との相性もいいですね、そう感じました。くっつきというか、ノリっていうのかピッタリと土と釉薬とが融合してるみたいですけど専門的にどうなんでしょう。

>絵の具で色付けて透明釉ですが、この絵の具はチューブ入りですか?色がそのまま発色している感じのようでとっても面白そうです。

これは量産販店の文化コーナーに置いてある絵の具セットです。チューブ入りで少しの水で溶いて筆で塗りました。青色は土になじまず、パラパラと剥がれてきますし、透明釉の効き目もありませんので今後は「ボツ」ですね。(悲)

>「赤粘土に焼き締め風釉薬」の左の鉢の足がとっても素敵
鉢が踊り出しそうな楽しさです♪

あはは、これってタコ踊り!?

後段の鉢は参考の一つに挙げてみましたけど、まだまだいっぱいあります。多すぎて参考にするのが追いつけません。

プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。