スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の兆しで

東風吹かばにほひをこせよ梅花 主なしとて春を忘るな
            拾遺和歌集 巻第十六 西暦1005年

この「こち」は、先日、すでに吹きましたよね。春を呼ぶ風です。
それでイワチドリの植替えをしましたので、見てください。
1個は球が消えてしまいましたが、20鉢。
小さいのはお猪口よりもまだちいちゃいです。(笑)
13品種ほどになりますが、すべてイワチドリです。
開花が楽しみです。

画像 021


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

草植え

こんばんは、みみずさん。

これで鉢に時代がついたらさらに良い雰囲気になりそうですね。
赤色は緑色に映えますよ。

こういう鉢が棚場にあったら毎日眺めるのが楽しいだろうなって思います。

No title

みみずさん、こんばんは~

全部イワチドリですか~
良いなぁ~♪
私も今年はゲットしようと思っています。

植替えの際、元々植えていた土を半分位使ったりされますか?
それともミズゴケを底の方に入れてありますか?
どんな配合がお勧めですか?
っと質問攻めですね(笑)

植替えも自作鉢っとなると何倍も楽しく感じませんか♪
真ん中辺りの、ちょっと横向きな感じの赤い鉢
イワチドリがどんな顔みせるのかな~って楽しくなりますね~

全部で40球

おりょりょ~おっ。
すごい質問攻めで嬉しい悲鳴です。
一番大きなすり鉢鉢に10球ほど、あとは1~2球ほどを埋めました。用土は高山植物用植え替え土ですが、ふるいにかけて3種類の大きさに分け、これに水シャワーを強めにかけて微細粉を徹底的に流し去りました。そして乾燥させるため日当たりに干して、植え替えに入りました。土が湿ったり、ぬれてると植え込みが出来にくいからです。順に作業手順を言いますと
1。底に網を敷く。
2.大粒を2~3並べ敷く。
3.中粒を3~4並べ敷く。
4.山ゴケの刻みとマグアンプKを薄く敷く。
5.最細粒用土を薄く被せてからピンセットでつかんだ球根を縦方向になるよう天地に注意しながら埋め込んでいく。
6.ていねいに水をそお~っとかけて湿らせると同時に埋め込んだ球根の位置を修正する。
7.さらに細粒用土を被せる。
8.スナゴケ、ビロウドゴケなどの良質苔を丁寧にピンセットで埋め込んでいく。
9.水稲育苗箱に芝生目土を1センチ半敷いてから、そこに鉢を埋めるようにセットする。
10.とうでとうとう、水をたっぷりとかけてやってください。

No title

みみずさん、こんにちは~

ありがとうございます♪
コピーして、保存しました!

土への気配り驚きました!
赤土を開封し、外気にさらすと硬質化が進んで良いと教えてもらい
それは実践していたのですが・・・
一度ふるい。流水・・・そして乾燥させ使用とは!!
みみずさん家の子達がみんな元気なのには、やはり理由があったのですね~♪

10でとうとう!これはカンニングペーパー無で覚えちゃいましたよ~ん(笑)

可憐

こんばんは。

イワチドリを自作鉢で楽しまれるのですね。
可憐な小さな花がみみずさん作の鉢の中でどんな風に咲くのか楽しみにしてます。
育ててみたいとは思うものの、環境に合う樹種?草ものの場合は草種?を知らないので、草本植物はほとんどやったことありません。
ついでに恥ずかしながら知識も全くありません。
しかし・・・
みみずさんに送っていただいたポリポットに入っている方の山茶花の小苗に、山茶花と一緒に草が植えてあったので、これには興味津々です。
・・・ところで、何の草でしたっけ?前に教えていただいたのに忘れてしまいました。すいません。(汗)
小さな山茶花の苗が水を吸い上げきれずに過湿になるところを、一緒に植えている草が水を吸い上げてくれて防いでくれるような気がしてます。
棚ボタな新しい試みですが、生長とともに鉢増ししていく時も一緒に引っ越してあげようと思っています。
効果があればほかの鉢にも試して、見栄えも自然で私好みですし、過湿防止の効果もありそうですし、とっても楽しめそうです。
イワチドリは残念ながら我が家の環境には合いそうもありませんが、暑さ寒さに強く、乾燥にも強く、主木の根の生長を邪魔しないような草物がありましたら、また色々と教えてくださいね。
イワチドリはブログを拝見して楽しませていただきますね。楽しみにしてます。

雪景色

こはるさん、つばきさん
今朝は一面が雪景色で、今も降り続いています。
でも気温は1℃で鉢の用土も凍ってはいません。
つばきさんちに幻の夜叉と一緒にくっついて行った草は「サギゴケ」です。山野草2525種の143ページ、日本の山野草ポケット事典NHK出版では128ページなどに紹介されてあるように水田の畦に生える多年草です。ポットに山茶花と共生?してるのは白花ですが、通常は紫花なので「ムラサキサギゴケ」と呼ばれていますね。とても丈夫で挿し芽でどんどん増やせます。匍匐拡張型なので平鉢で草丈を低く育ててください。花の形がイワチドリによく似ていて雑草と呼ばれますが可愛いなあと思います。(笑)
栽培土でお薦めなのが「みみずフン」です。
ミミズコンポストで長期間かけるとミミズフンができますので、これを乾燥させ、粉砕し、ふるいにかけてから使います。この土はとても硬くて微細粒を取り除かなくても排水は濁りません。植物にとって最良の肥料成分や病原対抗性、PH調整機能などを持っていると言われ、とにかく葉のつや、花の色が素晴らしいです。何とも不思議です。
プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。