スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創作意欲が

「焼き物に没頭するぞお!」
 
「豆盆栽の変化形で変わり石付け盆景、しかも超ちっちゃああーいの没頭するぞお!」
とか

「誰も造ってみたことない、超変形変化球的草物苔玉、没頭するぞおー!」とかなんとか

  

そういうのって、ただ頭の中で考えてるだけじゃあ、結局はなあーんもできない、シンポもしない

自分の(カス)頭の中で自分で考え抜いて、あれこれとああでもなく、こうでもなしと研究しながら
参考書もたあくさん、枕元にもうず高く盛り上げつつ、自分の創作意欲なんかも盛り上げながら・・

画像 006


この本には驚嘆しましたよ
自然灰釉の材料は赤松の灰だけじゃあなかったのね、なあんてのたまおうものなら登り窯の中で焼かれて終わる

トマト、ミー万、メロン・・と言った野菜からヨモギ、アザミ・・といった野山の雑草
おっと、雑草なあんて失礼な言い方、してちゃあ ・・ 「雑草と言う草はない」

ナスビの灰、とてもスバラシイデス、いいアある、アルヨ

みみずが「これはすごいなあ、すぐにでもやってみたいなあ」って思ったのが黒い緑色になる・・
あれ、何だったかなあ?
も一度、図書館に行って貸し出ししてもらってから

画像 008

この登り窯の本、実にすごい!デス。でしたよ。
最後の焼きの段階で、松の緑葉をくべるといいんだとか、ナントカ、なほとかとか書いてありました・・

そして
画像 007

画像 009

七輪陶芸やってると、こういうビニ入り細にわたりの解説みてて、もう今すぐにでも庭先で作業を始めたいって雰囲気になるんだけど、

猛暑だしね。
熱中し過ぎると、「熱中症」に注意しないとね。

いつまでたっても向上しないみみずです。
                                     みみずの不満足 より
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

みみずさん、こんにちは~

すっごーーーい!!
図書館にも色々ありますねっ。
私もよく図書館行きますよ~。一番近くの図書館は本が少ないので隣町の会員になってそこに行きます。
でも、陶芸とか多くて20冊あるかな?って位しか置いてませんけど
みみずさんのところは色々ありそうですね!

七輪の隙間にガムテープで塞いであったりと・・・七輪陶芸も色々な方法があるのですね~

色々な灰で釉薬 これすっごく興味のある事なんです!!
通うか悩んでまだ行きだしてないんですけどね
陶芸教室で年に一度登り窯で焼けるってとこ見つけたんですけど
遠いので・・・悩んでます(きっと行けないかな~っと)
その陶芸教室では、裏山のみかん畑の木を灰にして「みかん釉」を作ったりしてるそうなんです。
すっごく行きたくなるんですけど・・・遠かったら 続かないだろうなぁ~っと・・・

みみずさんの陶芸教室本当に羨ましいです!!
火の当番は大変そうですけど・・・是非やってみたいなぁ~

熱中症には要注意ですけど・・・七輪陶芸には熱中しましょ~♪

あっ、書き忘れそうになっていました
赤いバンダナ素敵ですよ~♪
想像していたみみずさんより・・・とってもお若いなぁ~っと
(どんな想像してたん!って怒んないでくださいね)(笑)

こはるさんへ

隣町の図書館なら住民外となり貸し出し不可扱いにされます。
それで図書館同士の情報管理で色々な図書を探し出してくれるサービスがあるんです。それで最寄の図書館まで取り寄せてくれますよ。
七輪の焼き方で上に載せる窯には底の中央あたりへ十円玉ほどの穴を開けて煙突にするって方法が書いてありました。本来の空気入れ口は粘土でふさぐとも書いてあります。ネッシャなくなれば試みます。(笑)
窯焼きだけを注文するっていうのも専門誌に掲載があります。
赤いバンダナ、ブラックバスのはみみずのホームページの「屋久島の旅」で以前にのっけて、すぐに外したときの絵です。ちょっとだけの限定期間ってことで載せましたけどすぐ外します。(爆笑)
http://www.geocities.jp/mimizutyan2/yakusima.htm

熱中症注意!

こんばんは。

焼き物のお話、拝見させていただくたびに、奥が深いなぁと感じます。
自然灰釉を作り出す技は本当は各先生方の秘伝みたいなものなんでしょうけど・・・。

今回は、先日みみずさんにイタ電をしてしまったスマートフォンから投稿してます。(笑)
ちょっとした指の動きで思いもしないハプニングが起きてしまいます。(笑)
まったく・・・便利なんだか、不便なんだか・・・

すごいひとたち

つばきさん
>焼き物、自然灰釉を作り出す技は本当は各先生方の秘伝みたいなものなんでしょうけど・・・。


奥が深くて極められない焼き物の世界をおしげもなく、自然灰柚全部公開してしまうっていう内容なので、ほんとにビックリな内容なのです。
だって材料の種類がすごく数多くって、それだけでも大変な作業量と時間のはずを、焼き方の工夫なんかもあって、そもそも材料の管理、量が半端じゃあないので、焼き上がればほんの少しだけ、それをまたふるいにかけて、また焼成して、水に溶かしてから次の工程へと・・
とにかくすごいことをやってるというのが陶芸家なんだなと感服します。
プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。