スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとおもろいの、みてもらいまっせ

よのなか、なんかわからへんけどおもろいこと、けっこうありますわなあ。

「えっ!? こんなんでええん?」ってびっくりしやはるわ。

まあ、いっぺん、みてもらええへんやろか。

2ねんまえにドングリのコナラ、ちっちゃあ~い、こばちにうえてみたんですけどな

はちは、おはずかしい、にわさきとうげいっていうやつ。

画像 003

ところが、ところがですね。

このおもろいことってコナラちゃんのことなんっす。

いいですか、いまからこばちのうらがわをみてもらいますけど、

あんましのおどろきでひきつけなんか、おこされませんこと、いのりつつ・・

画像 002


どうっす?

そこあながナシでしょ?

みみずのあそびごころをしってかしらずか、コナラちゃんのいきようとするちからとか

けなげさなんかがひしひしとつたわってくる「畏敬の無穴」でしょ?


超小型電気窯で作ってみた焼き締め小鉢。

水稲育苗トレイに芝生の目土を敷いて、こういう豆鉢を並べてます。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

穴なし

ご無沙汰です。

えっ?!穴がない!しかも鉢が小さい!!
観葉とかサボテンとかでは穴無しの鉢に植えられているのを見たことがありますが、コナラもいけますか!
日本に自生している植物でもできるとは思いませんでした。
実際にお作りになってみて、普通の鉢に植えるのと比較して、何かメリットやデメリットはありますか?

つばきさんへ

極小な焼き締め鉢にコナラを植え込みました。網み伏せ法で曲をつけた苗で、細かい根を大切に残しながら丁寧に植え込みました。細かな粒の砂とかを敷き詰めて少し埋めて灌水すれば毛細管の原理なのか不思議にも水枯れはなかったんです。ただ、どんぐり類は太い根を切られるのを嫌がるのか、よく枯れますね。意外と弱いところがあります。

粘土は

焼き物鉢の粘土は熱に強い耐火性タイプを使って、焼き時間を長くします。それで割れなくなり、水も通します。釉薬がけをしていないので保水力があると思われます。これは岩盤に生えた樹と同じと考えて植え替えずに様子をみたりしてます。またご報告いたします。
プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。