スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬の効き目について

昨日は薬効について認識を新たにしました。

みみずは以前から血圧が高くって、高いほうの値は190を超えるほどなんです。

降圧剤が切れ掛かってきたので、昨日、かかりつけのお医者さんに行ってきました。

そのとき、この4月に健康管理センターで受診した診断成績表を先生に見せると女先生は

「・・フムフム、眼底検査の項目では網膜神経繊維層欠損、白斑、狭細・と書かれてある」ということで

近くの眼科専門病院へ紹介状を書いてくれました。

で、みみずとしては自覚症状もなんにもなくって、昨年も「要精密検査」とかなんとかってんで、

結果はオーライだったんです。

それで、みみずはその封筒を自転車の前籠に放り込んで、しぶしぶながら眼科へと向かったのでした。

色んな検査の中で看護士さんが「今日は車の運転でなければ、瞳孔検査というのをしてもらいますが・・」というので

両目にほんの一滴の投薬を点されました。(瞳孔検査? こんな少しで効くのかな?)

ところが、10分経っても20分経ってもホッタラカシで、ようやく瞳孔の開きをみにきてくれたのは30分ほどが経ったころだったと思います。

ところが、それからさらに10分ほどが経ったでしょうか、ようやく診断の時がきて

「右から診ていきます。ハイ、まっすぐ正面を向いてください。ハイ、真上を見て。ハイ、今度は真下を見るようにしてください。」と、こういう調子です。

みみずはだんだん、とっても心配になってきました。

頭の中では「白斑」「欠損」「狭細」「眼圧」といった文字が踊り出しています。

ひょっとしたら、このまま失明してしまうんじゃあないのかな。

色んなこと、ネガテブなことばかりを思うっていうのが人間の証拠みたいなもので(みみずですけど)

盆栽なんてシロモノは自分の目で見て、楽しむのであって、これを他人さまに見ていただいて、それがどうだっかかとか、花がきれいなんだとか色んなことを説明してもらったって、ちっとも楽しくも嬉しくもありゃあしないんじゃあないのかな、修行が足りないせいなのか分りませんが・・

(中略)

異常所見は見当たらないそうで、半年後に再診を要するとかなんとかというので、帰宅をしようとすると

問題が発生しまして

表題の「薬の効き目」です。

まったく前を向けないほどの強烈な眩しさで、目が開けられないのです。

ほんのわずかな一滴の薬効

恐るべし!

瞳孔が開きっぱなし状態?  

多分

瞳孔が開いてるってんなら、死んでますって。

ホントなら。

みなさま、薬にはご注意を! 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よかったですね

はじめまして。v-22

豆盆栽で検索してこちらに来ました。

私も少し豆盆栽を育てていますので、こちらのブログで勉強させていただければと思います。

眼の検査、何事もなくて良かったですね。v-308

でも、血圧のこともありますから、お大事にどうぞ。

らっしゃいませ~

夏音さん
新鮮な豆盆栽を味わえる当店にご来店、ありがとうございます。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。v-254
昨日はバラ振興会の入賞作品などを見に行ってきて、感動しながら、世界一超小さいミニバラを買ってきました。1,200円と500円でした。後で家の品種とあらためて比べてみたら、一つは同じ品種で、姫乙女でした。
みみずも実は虫、大嫌いなんですけど、植物は大好きなんで一緒に楽しみましょう。v-255
プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。