スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花は個性的で

あなたはとても個性的で、北国に咲くハマナスの開花姿に似ていて、

でも花びらは真っ白、ハマナスの赤色に対して芯の部分に緋赤を呈する何と個性的なバラだな。

名前はヤエヤマノイバラ、別名をカカヤンバラと言うそうな。

つまり八重山のイバラ・・ではなくって、「八重山野茨(いばら)」で八重山諸島に育つ貴重種・・

「カカヤンバラ」は、その昔、カカヤン(フィリピンのツソン島にある地名)から、この花を持ち帰って八重山に植えたことから来ているそうです。

画像 003

黄色の雄しべに囲まれた緋赤がなんとも個性的な輝きを見せてくれるカカヤンバラ。

画像 005

枝先が外へ外へと伸びだして、ちっとも幹が太らないのは、みみずの不満足です。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

はじめて見るバラです
ナニワイバラにも似てますけど、中心が赤いところが違いますね

繊細な幹に大輪の花、というところも個性的でいいですね

太りにくい・・・・ツル性ってことはないでしょうか?

カカヤンバラについて

>つる性

文献によると現地では地面を這うとか、トゲでひっかかりを持ちながら10メートルも枝葉を伸ばすそうです。
原種系は雌しべの色は黄色みたいで、交雑は桃色もあるようです。

>ナニワバラ

なるほど、そう言えば両者は似てますね。
ナニワバラも中国から来たようなので親戚でしょうか?
近所にナニワバラを大きく庭木で育ててらっしゃる樹を見ると、大根ほどの太さになっていて、ツル性でもないみたいな姿です。
なので、両者の関係はよく知りません。また、教えてください。

種を採取して、蒔いてみようと思います。
プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。