スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやくもめっけ

画像 011

葉の全面に小さく散らばる「散り斑のビナンカヅラ」に早くもつぼみが見えるのを発見しました。

例年なら、お盆があけるころに突然に表れる「花芽」なのですが

今年は異様に早すぎる花芽の出現です。

で、他の樹はどうだと、全部(といっても7鉢程度ですが)調べてみました。

結果は、この斑入りのビナンカヅラだけに花芽の出現という訳でした。

で、その花つぼみですが、もう少しアップで見てもらいましょう。

画像 012

もっとつぼみが生長して、花びらが開くと「雄花」か「雌花」かを区別することができます。

雄花は赤色で、雌花は薄緑色のイチゴのような粒粒の集まりになっているので容易に区別ができます。

花粉はちょっと触れただけでも散り、その様子を目視で確認できます。

早朝の5時ごろには、他の枝の雄花と丁寧に人工受粉してやりましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。