スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天災は

今日は名古屋で本社会議にでるので、帰宅は夕方近くになりそう。

「天災は忘れたころにやってくる」という理は、昔からよく語り継がれてる真理で

そういう貴重な戒めがゆえに、

10時半ごろ、たっぷりと水遣りをして、猛暑対策をしてから我が家を出発しました。

案の定といいますか、梅雨も明けてピーカンのかんかん照り。

名古屋から三重の空を見ながら・・・・

心配です。

天災とは万物宇宙の気象原理が源で、みみずのようなちっぽけな人という存在でどうなるというものでもない。

そういうことは分ってるつもりでも、計り知れないエネルギーの天災は恐いし、

やれそうなことはやっておかないと悔いがのこります。

前回に紹介しました今年のメダカの一番子のメダカ鉢

全部が腹を見せながら、浮かんでいました・・・

「・・・・ 合掌・・・・」

助けるものも助けずして、みみずはちっぽけな人間です。

画像 008
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メダカさん

こんにちは

メダカさん、残念でしたね

わたしも飼ってみたいんですけど、お亡くなりになったときのショックが、植物とは比べものにならないので、なかなか思い切れません

植物も動物も同じ重さの命なのに・・・・なぜでしょ?

感情移入

やはりエサを与え、喜んで飛びつくその姿なんか見てるからなんでしょうかね。食用系鶏を飼っていた時、卵を産まなくなったので鶏肉にしようとしたんだけど結局、山に放してやりました。どうしてやるのが正解なんでしょうか。
プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。