スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動水遣り機

水道栓をひねるわけでもないのに、いつの間にか葉に水がかかっている  

水道蛇口から水が出ていないということなら、これは便利で、便利ってことよりも何よりも経済的。

そういう夢のような水遣りの方法ってあったっけ?

それって、ひょっとすると「朝露(あさつゆ)」とかじゃないの?


朝、起きてカーテンを開けてみるとガラスの面にびっしりと水滴が付いてたりして、

水滴って生半可なものじゃあなく、もはや水浸し状態になってるってこと、ありませんか? 

この状態は結露とか言われます。


 結露(けつろ)とは、固体状態における物質の表面、または内部で、空気中の水蒸気が凝縮する現象のことであります。

例えば 温度が20℃で湿度が50%の室内における露点温度は、9.6℃であり、この条件なら壁や窓などの表面が、9.6℃以下の条件になった場合にその場所で結露が発生します・・

これは表面結露と呼ばれるもので、冬季の窓ガラスやアルミサッシで発生する結露。

予防手段は、室内の水蒸気量を減らすか、表面温度を上げる方法。

経験で何となく分かることは、灯油のストーブを使っていると結露は相当な量になる。

そういう環境でも、窓ガラスを二重窓に改修してやると結露は少なくなる。

さて、これと同様?のことが畑とか盆栽の置き場とかでも起きていて、露(つゆ)と呼ばれています。


そもそも露(つゆ)とは、空気中に含まれている水蒸気が放射冷却などの影響で、植物の葉や建物の外壁などで水滴となったもののことであって、これが物体に付着すると結露(けつろ)というそうです。

地面やその近くのものが冷えて、これらに接した空気の温度が露点以下に下がり、空気中にある水蒸気が水滴となって、地表付近の物体の表面についたものが露。

特に夏の終わりから秋の早朝に露が降りやすくって、冬には凝結して水滴になるのではなく、氷になるので、これは霜(しも)と呼ばれます。

一日の気温の変動を調べてみると、もっとも気温が下がるのは夜明け前であることが分かります。

人間の活動は太陽の光のある時間に行われることから、露を見つけるのがほとんどが朝であり、そのため、朝露(あさつゆ)といわれることもありますが、実際には、夜になってからでも、露が降りることも少なくなくって、この夜間の露は夜露(よつゆ)といわれます。

乾燥した熱帯砂漠の地に、フンコロガシのような昆虫が住んでいますが、水源は露のようで

なんでも自分の体を倒立させて、じっとしている・・・

そうすると  や ・が ・ て

体に露が降りてきて、  やがて自分の口にまで達する 
  

夜露であれ、朝露であれ、里芋とかイネの葉っぱの先端では、淵の部分に大粒の水滴が見られます。

これは、植物が自ら水を排出している状態であり、この液は溢泌液(いっぴつえき)と呼ばれています。

では、盆栽の棚で露が降りる条件を考えて見ますと

先ずは気候条件として

1.風が吹かない  2.気温の降下  3.遮蔽物がない  4.その他

えっ、!? 第一条件に「風が吹かない無風状態」というのがあるんですね。

そうすると、盆栽の水やりで風が吹いてるような日は、けっこう鉢も乾くので

夜露、朝露に期待はできないという結論に達してしまったようです。

おしまい

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。