スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョウスーパーミニ

今回は超ちっちゃな稲の「乙女稲」についてのお話

稲と言えば、水田

これが畑で栽培するとなると品種も代わり、「おかぼ」となります。

つまり、お米を作る稲はたっぷりと水が張られた水田で育ちます。

この水が今年は記録的な旱魃で、ものすごいことになっている・・などについては先日に記しました。

で、今日のお話は超ちいさい盆栽用の稲の育成過程で気がついたことなど書きます。

001_20130614143507.jpg

手前に「乙女稲 3月27日」と書かれたのがそれです。奥にももう一鉢が見えています。

他の品種は斑入りの古代米などです。

選んだ品種は何れも鉢植え向きを考慮して、背丈の低いタイプです。

この稲苗をコップで栽培していたものと、底穴があるもので管理していたものと比較してみました。

ぜんぜん、発育状態が違うのです。

水を張った水盤の中に鉢を入れているので、両者にそれほどの違いはないものと予想していたのでしたが

その推測は見事に外れました。

栽培法がよく分からず不満足。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。