スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飾り鉢を自作する その1

画像 046

自分の育て上げた山野草たちを馬子にも衣装化させるって、これ、楽しみ。

で、目指すところの最終は陶器の最高峰の「登り窯」になります。


焼きしめと灰かぶり、そのどちらにするか
もう、こういう世界に入り込めたらどうだって、両者を選ぶにはおよびません。

時間にして、5分から10分足らずに赤松を投入する。
この動作を5日から7日間の間、ず~っと、・・えんえんと繰り返す・・
高濃度な気の世界に没頭する。
大型トラック満載の赤松がしめて5台は必要となる膨大なる熱量

そこから狙った器は誕生するか
そこから生まれる愛陶に新たなる息吹きを・・

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。