スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真冬に入って その72

真冬に入ってすることとは一体、何でしょう?

「真冬」ってことなんで、避寒対策での何かってことではありません。

防寒とか風除けとか、室に入れて囲むとかの作業は、「2、3度、降霜にあたってから」準備するのが普通とされているようです。

先日からの本格的な寒波襲来で、今朝も盆栽の鉢はカッチンコッチン状態になってます。

答えは「石灰硫黄合剤にドブ漬けをする作業」です。

今の極寒の時期なら、希釈濃度を高くして思い切った防虫滅菌あるいは殺菌、殺虫を狙うことが可能で

「 真冬の作業  ⇒ 石灰硫黄合剤 」が正解となります。 

ところで昨日の その71では

005_201312131229201d5.jpg

004_201312131229210e0.jpg

これまでのところ、不要となる小枝の除去や曲付け、曲外し、などを行いました。

棚にはまだ半分ほどの数が残っているので、あきらめながら合剤漬けを開始することにします。

003_201312141157184dd.jpg
作業後(宮様楓の葉に合剤の乾いた跡が見えます。)

004_20131214115717a6a.jpg
作業後二日目(石灰硫黄合剤が完全に乾くと粉になり、風で飛散します。)


005_20131214115716f79.jpg
作業後


ということで、本日の作業


010_201312141158005f4.jpg


009_20131214115801203.jpg


011_20131214115759960.jpg

012_20131214115758bb7.jpg
これは匂い楓ですが、葉っぱが無くても合剤の刺激で匂いを出すのです。驚きました。

006_20131214115715b2c.jpg


007_20131214115714458.jpg
作業前のケヤキ

009_20131214115801203.jpg
作業後(石灰硫黄合剤の5倍希釈液漬けまで)




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。