スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習会

今月の山野草学習で学んだことを書き残しておこうと思います。

主として根洗い用(山野草栽培)の用土の作り方

まず
1.配合土(6割)として焼赤玉(クレイボール)、蝦夷砂、富士砂、桐生砂、軽石をそれぞれ同量(全て2ミリ以下)。

2.配合土(4割)として良質なケト土。

を準備する。



この1と2を水を加え、よく練り合わせる。



ビニール袋に入れて、密封し、半年ほど寝かせる。



十分にこなれたら、適量のだんごにして、1ヶ月ほど乾燥させる。



十分に団子塊が乾燥したら、砕いて粉にし、篩いにかける。(微粉末は除く)



山野草類の鉢植えに栽培用土として使う。(実際に使うと、鉢底穴から流れ出る水は濁りが見られない。)



鉢の周縁に根が十分に張り出したら、そのままの状態で鉢から外し、根洗いとして水管理する。



苔が張り出してきたら観賞







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みみず

Author:みみず
な~るほど!そうなんや
そんな楽しいブログ、目指します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。